『琉球独立学研究』 <創刊号>

原著論文
概要 キーワード Abstract Keywords

------------------------------------------------

琉球独立は民主主義の必然

里 正三

概 要 
 人間は成功体験からなかなか離れられない。戦後日本は灰燼の中から朝鮮戦争やベトナム戦争の後方兵站基地となって経済的に復活した。地方から都市部の大企業へと集団就職する青年が金の卵と呼ばれ、大量消費財の生産・消費へとシフトした経済拡大を支えた。1960年代にはじまり1980年代末ま
 現代世界が覇権国アメリカの金融資本によって「新自由主義=弱肉強食」の支配下に入った。日本に於いてもかつての総中流時代は終幕し、中間層から大企業や少数の支配層への富の移転が「規制緩和」や「既得権打破」というスローガンの下に進行している。日本の歴史において民衆が権力を倒し、自らの権利を勝ち取るという経験が無い。戦後民主主義も「平和憲法」も民衆の闘争の成果として根付いていない。そのことが権利意識の薄い、権力への抵抗力の無い国民性を生み出した。投票率が有権者の半分で、なお投票の過半数が死に票になる非民主的な小選挙区制を「民主的方法」と錯誤し、政治経済の矛盾を「しかたないもの」として受け入れている。
 第2次安倍政権は国民を監視し、国民の権利を制限し、国家のために命をささげる「公益=国家利益」優先の政策を取り、集団的自衛権の行使ができる戦争国家へと舵を取っている。
 本来、国家権力は主権者である国民の意志に基づく。「基本的人権」や「生存権」を獲得するために、米軍治世下で、そして現在の日米政権の軍事植民地状況下で、権利獲得のために戦い続けている琉球・沖縄にこそ、真の民主的な国つくりの萌芽がある。

キーワード :  対米従属、成長神話、自決権

------------

Ryukyuan Independence: The Indispensable Democracy

Shouzou SATO

Abstract
    Neoliberalism, which has created its own law of the jungle, now holds sway over almost the entire planet, enforced by US financial and military power. In Japan, the post-war structure of society, which enabled the vast majority to aspire towards increasing affluence has been reversed. As a result, wealth has been transferred from the middle classes to a tiny minority of plutocrats and the large corporations they preside over.
    The history of Japan has been characterized by a failure of citizens to demand change from authorities and overturn such injustices. Even Japan’s post-war democracy and Peace Constitution were not the result of grassroots struggles, and are therefore unlikely to be defended effectively from below. Turnout at recent Japanese general elections has barely exceeded 50%. This is partly as a result of the single-seat constituency system, in which the majority of votes are wasted. Most Japanese people recognize that this has created a sham democracy, but tend to accept things the way they are.
    The second Abe administration has created a surveillance society which prioritizes the rights of the state over its citizens, claiming this to be in the public interest. It has accompanied this with steps to reconstruct a war state that can exercise the “right” to collective force. In contrast, Ryukyu (Okinawa) has witnessed the emergence of a people’s movement for a democratic nation free from the military colonialism it currently endures. The purpose of this movement is to put an end to U.S. and Japanese oppression and discrimination and to create a society in which Okinawan people can exercise their basic human rights.

------------------------------------------------

なぜ「独立」でなければならないか  ― 憲法学の視点から ―

髙良 沙哉 (沖縄大学)

概 要
 本稿は、琉球独立に関する議論に対する、「なぜ今なのか」「なぜ独立なのか」という問いに答えることを目的とする。
 まず、本稿では日本政府による琉球に対する差別的状況を確認する。2013年、2014年に発生した事項だけを挙げるが、日本政府による琉球差別は、現政権下において、より顕著になっている。
 次に、日本国憲法における一自治体としての沖縄の権限について検討する。特に、外交権、防衛権、司法権に関して、沖縄にどのような範囲の権限があるのかを、憲法学の視点から検討し、「なぜ今なのか」、「なぜ独立なのか」に答えることを目的とする。また、武力攻撃事態法や地方自治法、自由民主党の改憲案についても検討する。
 さらに、道州制における「沖縄州」の権能についても述べる。道州制に移行した場合の沖縄州の権限を外交権、防衛権、司法権に着目して検討する。その際、アメリカの自治州であり、米軍基地が所在しているプエルト・リコ憲法における、プエルト・リコの権限にも触れる。
 以上の検討を踏まえ、「なぜ今なのか」「なぜ独立なのか」という問いに答え、琉球が独立によって自律する意義を示す。
 また、もし日本が琉球に対する差別を止めて、日米軍の基地問題も解決しても、「それでも私は独立を選ぶのか」という、自らのアイデンティティの確認とアイデンティティの確立に関わる根本的な問いについても若干言及する。

キーワード :  独立、憲法、道州制

------------

Why "Independence"

Sachika TAKARA   (Okinawa University)

Abstract
    The purpose of this paper is to answer to the question of "why now", and "why independence" in the argument of the Ryukyuan independence.
First, this paper shows the discriminatory treatment of the Ryukyus by the Japanese government.
    Second, this paper examines the authority of the Okinawan Prefecture as a local self-government within the Constitution of Japan, from the perspective of the constitutional law, in terms of the categories of the diplomacy, the defense, and the judiciary.
    Third, this paper also discusses the authority of the "State of Okinawa" within a regional administrative system(dōshūsei) in terms of the above-mentioned three categories. This discussion is highlighted by a comparison the authority vested in the Constitution of the Commonwealth of Puerto Rico.
    Finally, on the basis of the study in this paper, it shows an answer to the question of "why now", and "why independence" in the argument of the Ryukyuan independence, and also the significance of the autonomy of the Ryukyu by its independence.
    In addition, this paper concludes with a brief consideration of “whether or not I will still choose the independence of the Ryukyus” even if the Japanese government stops discriminating against the Ryukyus and solves the problems concerning both U.S. and Japanese military bases.

Keywords: independence, constitution , regional system

------------------------------------------------